いっしょにあるく"はにる"のみち ~韓日的道~
遠距離国際結婚編
sncharisma.exblog.jp

2006年1月に入籍した日韓カップル。2008年9月16日除隊しました。これからです!



Road to Aromatherapist

彼:よんさま
韓国ソウル弁

彼女:うさよん
日本大阪弁

『BEAUTY』
コスメネタ
"はにる"とは
"한일"="韓日"と言う
韓国語発音をひらがな
表記しものです。


Feb 14/2006
祝・Wedding
楽しいことも
悲しいことも
うれしいことも
辛いことも
・・・いっしょにね


Loveちゃん  Graceちゃん  Junちゃん Harryくん
My Family

なにかイイコトやってみよ

期間限定バナー。よんさま、頑張って!

許さない動物虐待!


分散設置型クリック募金donation.jp
あなたのクリックで助かる子達(動物)がいます。


できることからはじめよう



Until 3nd marriage anniversary.....
On 14 February, 2009
Yonsama ♡ Usayon

Daisypath Ticker



しぬこと。
2008年 01月 24日





『スウィニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』みました。
グロぃ。
さすが、R-15だこと。
ホラーは決して見ないあたしにはキツかったぁ。汗。
見終わったあとはなんとなく疲労感がぁ。
昔、レンタルで見た中国映画のタイトル『人肉饅頭』とかを思い出す。グゲェ。
この映画を見てから、ミートソースはちょっとさけたい。
たしかに面白いと言えば面白い。展開や、進展なんか向こうのペースにのせられてしまう。ミュージカルがオリジナルらしいので映画のなかでもジョニーは歌ってる。時にはラップのようにも。笑。
ミュージカル調の映画って見てるうちになんか冷めてしまう感があるんやけど、そんなんもまったくない。
でも!あかんわぁ。
ドロドロドロぉーーーーーーーーっと、ゴォロゴォロっと吹き出る”ルビーのしずく”(血)はやめてほしい。怖。・・・しずくじゃねぇーし。


ジョニーはやっぱりチョコレート工場がええわ。
ってことで、家でウォンカチョコをかじりつつお口直しに。
もう、何回見たかしら?へへへ。



愛するラブちゃんが虹の橋の向こうへ行ってからやっと一週間。
この一週間は”死”と向き合う一週間やった。(この映画もそうやし。)
この間に妹が飼ってたフェレットも死んだ。ちょうど日曜日やったので、あたしが火葬に立ち会った。一週間に2回も火葬場に行くなんて!まぁ、ラブちゃんの供養もできるからええねんけど。
もう、何年かは行かなくていいことを願う。それが10年以上ならええのに。

ラブを埋葬供養した日、じつはすごいこと考えてしまった。
あまりの悲しさにと、心配で考えた。
向こうの世界はどーなってるんやろうかと。
ちょうど家で『千の風になって』がおとんからおかんまでの大ブームやったからかもしれん。
「お墓の前で泣かないでください。わたしは死んでなんかいません。」
やったら、ラブはいまおうちに戻ってるんかなぁ?
臨終の時は苦しくなかったんやろうか?
今はみんなで楽しくやってるんやろうか?
そんなん今生きてるあたしには分からんし、感じることも出来んから・・・あたし、それを知りたいんやったら死ぬしかないな。でも死んでから分かったとしても、それをどーやって残ってる家族に伝える?自殺になるからそれやったら、あたしは死んでみてもラブと同じところには行けんかもしれんなぁ。死ぬってもどぉーやって?痛くないようにするには?あーこういうときに裏サイトとか使うんかなぁ?
・・・・ぐるぐるぐるぐる。


あたしってなんてネガティブなんやろ。ある意味ポジティブやねんけど。笑。


結局は「楽しくしてくれてるはず。お供え物だけは毎日してあげよう。」ってとこに落ち着いたけど。人間って悲しいとき、思考回路が変な方向に行っちゃうんよなぁ。


ラブは96年1月13日に生まれて2ヶ月ほどしてからうちへ来た。
それから98年夏からはあたしが中国に7年も行ってたので、はっきりゆって青年期の一番楽しいときの思い出はない。
そんなラブでさえこーーーーーんなにも悲しいし、寂しいのに、最愛のジュンが死んだら・・・。目に入れても痛くない最愛の愛娘ジュンが。
もう、その後のことは想像もつかんわ。想像するのも恐ろしい。

火葬場の担当者がゆってはった。
「小型犬を亡くされたご家族に多いんですが、泣き叫んで”一緒に火葬してくれー”って暴れる人も多いんですよ。」やって。
・・・分かるわ。その気持ち。
[PR]
By うさよん by sn_charisma | 2008-01-24 23:13 | Life&Family
<< Top ありがとう。ラブ。 >>