いっしょにあるく"はにる"のみち ~韓日的道~
遠距離国際結婚編
sncharisma.exblog.jp

2006年1月に入籍した日韓カップル。2008年9月16日除隊しました。これからです!



Road to Aromatherapist

彼:よんさま
韓国ソウル弁

彼女:うさよん
日本大阪弁

『BEAUTY』
コスメネタ
"はにる"とは
"한일"="韓日"と言う
韓国語発音をひらがな
表記しものです。


Feb 14/2006
祝・Wedding
楽しいことも
悲しいことも
うれしいことも
辛いことも
・・・いっしょにね


Loveちゃん  Graceちゃん  Junちゃん Harryくん
My Family

なにかイイコトやってみよ

期間限定バナー。よんさま、頑張って!

許さない動物虐待!


分散設置型クリック募金donation.jp
あなたのクリックで助かる子達(動物)がいます。


できることからはじめよう



Until 3nd marriage anniversary.....
On 14 February, 2009
Yonsama ♡ Usayon

Daisypath Ticker



もう二度としない昔話。
2006年 08月 18日






よんさまと出会う前、めっちゃ一生懸命好きやった人がおった。
始めたのは向こうやったけど、終わらせたのも向こうやった。
初めて出逢った異国の人。


留学先で好きになって、あたしが1年の留学を終えて帰国するとき、彼はあたしに「離れてしまうけど、二人で頑張ろう。このまま努力して、いつか結婚しよう」ってゆった。
再会したのはそれから3ヵ月後。あたしは女友達と一緒に韓国へ行った。
初対面。・・・彼の家族と。
そんとき韓国語はあまり分からんかったけど、彼のお母さんに紹介された時、彼が行った言葉は『中国で知り合った日本の友人』。なんか違和感があったけど・・・あたしの連れも居たから『友人』って言葉を聞き流した。その夜、彼のお兄さんと一緒に飲んだんやけど、お兄さんに聞かれた「Lover? or Girl friend?」。
頭にあったのは・・・あたしのこと家族にはなんにもゆってへんのやってコト。

すごくショックやった。
でもあたしに対する態度は間違いなくLover。

あたしは自分の不安をかき消す為にも、もう一度中国へ行かなきゃって思った。
離れてるから不安。離れてるから心配。離れてるから愛されてない。
全部どーにかしたかった。
もう一度中国へ行くと決めた時、父親に猛反対された。
きっと男が絡んでるって分かってたんやろね。笑。
「それでも行きたい。」っていうと、「縁を切る」といわれた。
バイト先はおじさんの経営するゴルフ場。そこに毎日のように親戚が入れ替わりやってきてあたしの中国行きを説得する。
「韓国人はどーだ。あーだ。韓国人なんてやめとけ。とりあえずあかん。」
なんで韓国人ってだけで反対されるのか分からなかった。でも子供の頃から、なんとなく韓国人嫌いってのは分かってたかも。
でも親戚中が?
理解できない。

苦しくって、悲しくって彼に電話するたびに泣いてたかも。
そしてだんだん彼の態度も変わっていった。
連絡がつかなくなっていった。(もともと毎日連絡する人ではなかったけど)
突き詰めていくと彼は話し始めた。
「俺にとって99%完璧な理想の女性。でもあと1%が足りない。この1%が絶対条件だ。」
「あたし、ちゃんと韓国語も勉強するから。そっちへも行くから。・・・努力する。1%って何?」
「・・・韓国人じゃない。」
ちょうどバイト中。
周りなんかもう気にしてられず泣いてた。
あたしが日本人やから何?
あんたが韓国人やから何?
あたしが韓国人じゃないって何?
結局「別れよう」よりキツイ言葉をもらっちゃった。笑。


ボロボロやったけど、あたしには目標があった。
絶対中国へもう一回行く。
たとえ親と縁が切れても。
彼に会いに。
(実は1年くらいの留学じゃ、就職も出来なかった。20社受けて内定0。超氷河期やったしなー。)





よんさまと知り合って、以前同じ韓国人にあんなに情熱的で愛されてたと思ってたのがとってもチープで可笑しいものに感じられた。あたしだけが努力してたって感じ。
あの人全然嘘ばっかりやったかも。
(初めて韓国へ行った時に彼は自分の家じゃなく、あたしらを旅館に泊めた。後々韓国人の友人に「それってありえない。だって彼女でしょ。とりあえず自分ちに泊めるよね。」ってね。)


ほんまに愛されると、不安になんてならない。
距離が怖くない。
彼が、自分の家族も、友人も含めた環境であたしを迎えてくれる。
連絡が途絶えるって事もない。
嘘、秘密が無い。



よんさまに出逢えてよかったと思う。




よんさま軍隊基礎訓練終了まであと6日。
[PR]
By うさよん by sn_charisma | 2006-08-18 22:49 | Military Service
<< THE BODY SHOP Top お手紙は海を越えなかった。涙。 >>