いっしょにあるく"はにる"のみち ~韓日的道~
遠距離国際結婚編
sncharisma.exblog.jp

2006年1月に入籍した日韓カップル。2008年9月16日除隊しました。これからです!



Road to Aromatherapist

彼:よんさま
韓国ソウル弁

彼女:うさよん
日本大阪弁

『BEAUTY』
コスメネタ
"はにる"とは
"한일"="韓日"と言う
韓国語発音をひらがな
表記しものです。


Feb 14/2006
祝・Wedding
楽しいことも
悲しいことも
うれしいことも
辛いことも
・・・いっしょにね


Loveちゃん  Graceちゃん  Junちゃん Harryくん
My Family

なにかイイコトやってみよ

期間限定バナー。よんさま、頑張って!

許さない動物虐待!


分散設置型クリック募金donation.jp
あなたのクリックで助かる子達(動物)がいます。


できることからはじめよう



Until 3nd marriage anniversary.....
On 14 February, 2009
Yonsama ♡ Usayon

Daisypath Ticker



自分以外の人を『HAPPY』に出来る仕事
2006年 05月 24日







自分のしたい仕事ってなんやろうか?


ホテル営業時代、ストレスってマジですごかった。お客様の要求、要望、クレームとホテルの人間としての責任、それは業績やったり、ブランド保持やったりの間に挟まれて。
それでも両方の要望に折がついた時っていうのは、すごい充実感とお客様とホテルの両方の『HAPPY』っていうのが直接感じられた。
当時思ってたことは「実際に『もの』を売る営業っていいよなー。手にとって分かるし、需要供給がはっきりしてるし。」って思ってた。

ホテルの営業は『部屋』『イベント』『宴会』を売る。あたしは特に『部屋』担当やったので、基本的に『部屋』だけ。
でも『部屋』って売りにくい。
『もの』と違って、手にとって分からないから、『部屋』のよさを分かってもらおうとすると、使ってもらうしかない。でも大抵はわざわざ来てはくれない。それをどー売っていくか?は営業の手腕しだい。




今、あたしは製造メーカーの為に必要なシステムの導入にかかわる仕事をしている。








でもどーしても今までの営業肌が抜けない。
ってより通訳ってのはやはりその間の道具にすぎない。もちろんその道具が無ければ業務は成り立たないのだけど。それがあたしには苦痛でならない。直接話してるのはあたし、でもあたしの力じゃなんにもならない。
会社から見るとでしゃばる通訳って必要ないんやと思うし、逆に混乱させてしまうのかもしれないしね。

それに製造メーカーってその製品がお客様の手に渡る時にしかお客様の『HAPPY』が見えないのよね。通訳段階では『HAPPY』に関わるものって見えてこないしね。
それはそのシステムが上の人だけが必要で、現場自体になんの利益も生まないものだから?

それとやっぱり日本人が横暴なのかしら?どーしても現地の中国人、台湾人が辛そうにしてるとしか思えない。それはやっぱり日系企業やから?
その手伝いはしたくないのに、通訳って仕事はそれに加担してるとしか見えないよな。
社員さんには「それは割り切りが大切」って言われた。でもそんな仕事、あたしはしたくないのよ。生きていく為には仕事ってしないといけない。けれどあたしは好きな仕事、したい仕事をして暮らしたい。っていうのは理想すぎるかしら?


あたしは基本的にはおせっかいな性格なので、直接『HAPPY』が見えない仕事ってのが・・・ちょっとね。



やっぱりあたしは『HAPPY』を作り出す仕事がしたい。
あたしが誰かを『HAPPY』に出来ること。それがあたしの『HAPPY』なんやと思う。



その仕事で唯一のあたしのスキル『中国語』が活用できるのかは分からんけど、もし使えなくっても誰かを『HAPPY』に出来るならそれも一つの選択なのかも。




今はお金を稼ぐことが大切やけど、やっぱり自分の為になること、自分のしたいことをよく考えてみよう。(もう、この内容を書いてるってところですでにあたしは何かを決めてるってのが通常なんやけどね。それはもっと現実的なものになってから書こうかなー。)
[PR]
By うさよん by sn_charisma | 2006-05-24 00:34 | Life&Family
<< 記念日に考える、よんさまとのこと。 Top 入隊・・・ >>