いっしょにあるく"はにる"のみち ~韓日的道~
遠距離国際結婚編
sncharisma.exblog.jp

2006年1月に入籍した日韓カップル。2008年9月16日除隊しました。これからです!



Road to Aromatherapist

彼:よんさま
韓国ソウル弁

彼女:うさよん
日本大阪弁

『BEAUTY』
コスメネタ
"はにる"とは
"한일"="韓日"と言う
韓国語発音をひらがな
表記しものです。


Feb 14/2006
祝・Wedding
楽しいことも
悲しいことも
うれしいことも
辛いことも
・・・いっしょにね


Loveちゃん  Graceちゃん  Junちゃん Harryくん
My Family

なにかイイコトやってみよ

期間限定バナー。よんさま、頑張って!

許さない動物虐待!


分散設置型クリック募金donation.jp
あなたのクリックで助かる子達(動物)がいます。


できることからはじめよう



Until 3nd marriage anniversary.....
On 14 February, 2009
Yonsama ♡ Usayon

Daisypath Ticker



第2日目~3月24日 韓流な旅の始まり
2006年 03月 24日






朝、手で探ると横によんさまがおらんかった。なんかちょっと哀しいよなー。
普通、1日目の朝はなんかいろいろ噛締めるもんがあるんやないの?っと怒りつつよんさまを呼んでみた。

「なんでここに来てまで朝起きたときに横におらんのよ!」
「ごめん。手で探したん?昨日寝れなくって起きて、TV見ながらソファで寝ちゃった。ごめん。」
(ママニムがおるから『ソレ』にストップ掛けたのが寝れなかったのかしら?笑。それとも久々の遠足に緊張して寝れないのかしら?笑。)


まあ怒らんとこう・・・・。


朝はひとりで市場にお買い物。
買うものはお気に入りの市場キムパッp。
ここのは格別にうまい。有名どころの2500ウォンくらいのもうまいけど、ここは1本1000ウォンで安い上、あたしの大好きなエゴマの葉が入ってる。朝から昼間でしか売ってないので、朝の遅いあたしらはいっつも食べれずやった。
本当はお弁当を作りたかったのに、よんさまが「買ったほうが安いし、朝からそんなに頑張らなくってええよ。そんなに無理して作りたいん?」っていうので、韓国の行楽必須アイテムのキムパッpになった。サイダーは持って行かんけど(笑)
(韓国で遠足といえばキムパッpとサイダーらしい。)



さぁー、お弁当も持ったし、準備完了!(まるで1週間くらいの旅行のように荷物が多いが・・・)
ちゃーーーーぁ、出発ル!!!


と思ったが、こんな汚い車では行けまい。
(韓国は今黄砂の季節でいったん雨が降ると車はえらく汚くなりますねん。はぁ~。)
まずは洗車。それとガスも入れてね。
韓国の機械洗車は3000ウォン。安いねー。






よんさまの運転はまあまあ安全運転やった。ハンドルさばきはうまいのよねー。細い道は問題ないね。でもやっぱり道がわからんのと、運転感覚はまだまだなんかなー?
『道なり』が分かりにくいらしく、そっちが主幹道路やと勘違いしてしまうよう。なのであたしがずっとナビをしてた。(前の日ママニムに大体の道は聞いてたのである程度は分かってた。)んで急に発生した問題に冷静に判断ができにくい。ちょっぴりパニクルんよなー。

まあヒヤッとした場面は多々あったけど、よんさま曰く
「俺が運転して、うさよんがナビして・・・。神様はそれぞれちゃんとカバーできるように二人を一緒にしてくれてんやわ。ちゃんとお互いに足りんところを補えるように。やっぱり俺らはベストカップルやなー。ニコッ」
っていうのでまぁ万事OKでしょ。


目的地は아침고요수목원

あのパク・シンヤンの『手紙』や、イ・ビョンホンの『中毒』のとあるシーンを撮影したところでもあって、いろんな花やハーブが咲き乱れる人工自然公園。
去年の夏によんさまの連れが行ったようで「すっごい綺麗やから是非行ってきー」って太鼓判の場所。でも車がないと不便やから今まで行けなかった。

d0003082_21353228.jpgd0003082_21362440.jpgところが・・・!!!

時期が早かった。涙。
花なんて咲いてないし、まだ少し寒い。





パンフレットの中の公園はお花でいっぱい。



たまたまその公園内に韓国の民俗家屋があった。そこで、昔の裕福な農家とヤンバンの家屋で楽しみ、お昼にした。(あたしが前から行きたがってた韓国民俗村も「こんな感じやし、もう行かなくってええねー。」って変に割愛されちゃったよ。涙。)
d0003082_21373634.jpgd0003082_21374968.jpg
d0003082_21382548.jpgでも寒いのよー。
半分食べないうちに車に戻った。

あぁーーもっと暖かかったらなー。


また今度ええ時期に行こうね。


両班のお屋敷とこれはオンドル


ペンションはここからすぐのところ。
時間もええ感じなので、先にチェックイン。って鍵をもらうだけ。
キッチンも付いて、ええ感じ。バスタブがあればなお良しやけどまあええよ。かわいいーし、きれいやし。お値段は週末ってこともあって80000ウォンとええ値段やねんけど、なんか新婚旅行気分っーか、ふたりだけの部屋って感じでよかったー。
d0003082_21404536.jpgd0003082_21405615.jpgd0003082_2141668.jpg











でもまだ2時。

どっかへいこうと・・・

ちょうどここから30分くらいのところにナミソンがある。
あの『冬のソナタ』の撮影で使われた島。
この島はもちろん『冬ソナ』で有名やねんけど、芸術の島でもあり、歴史的な意味もある島。
その島へは船で5分ほど。

感想からいうとすっごい満足。
並木道もロマンチック。
ここはすごい観光地らしく、人は多かったけど、それでも十分堪能できた。(金曜日やったからか、日本のおばちゃんはいなかった。日本人もみたのは4人くらいだけ)
d0003082_21414515.jpgd0003082_2142140.jpg











『冬ソナ』じゃないけど、二人乗りの自転車で島を回り、残ったお弁当とデザートにイチゴを食べた。
d0003082_21421615.jpgd0003082_21422875.jpg











時間がとってもゆっくりしてて、並木道からこぼれる太陽の光がなんともいえず気持ちよかった。



途中でドラマの撮影も見たよ。有名な人やった。(あたしでも知ってるくらい。)

お土産やさんですっごいかわいいノートを見つけて、きぬおっちの話したんよ。
「俺は無理。」ってあっさり断られて(笑)それでも軍隊に入ったら書いてみるか・・・って(口だけなのは知ってるけど)。



それから「また家族が増えたら来たいねー」ってナミソンを後に。



夜、本当はお米とラーメン持ってペンションで作って食べようってたのに、あたしらはキムチだけ買って、お米とラーメンを忘れちゃった。
このナミソンは春川にも近く、春川ダッカルビが有名なのでそれをお持ち帰りしてペンションで作ることにした。作るって・・・炒めるだけ(笑)
d0003082_21425616.jpg








ペンションでご飯して軽くビールを。
あたしらってほんまに飲めないよねー。笑。
お互いに2本ずつ買ってきたのに、1本の半分も飲まずにごちそうさま。笑。


よんさまが「ちょっと外出てみー。」っていうので(気を使ってずっと外でタバコしてはったん。)出ると「ほらーっ、星が出てる」というのでどんな綺麗な星なんやろうと期待したのに、田舎のわりには星がいっぱいじゃなかった。
でもよんさまには精一杯のロマンチックやったんよねー。笑。



この日が終わって、明日ソウルへ帰る。
帰ったらもう帰国まですぐ。
って思ったら涙が出てきた。
よんさまは「俺がごめんね。」って。
「今は泣いてもええけど、空港で泣いたらあかんで。俺も泣きたくなるし、哀しいから。」

なんでこんなに泣けてくるんやろー。
31歳にもなっておいて・・・。



一日があっという間で、それもよんさまとずっと二人っきりで、あまりにも楽しすぎて帰りたくなかったんよ。眠りたくなかったんよ。

もう帰る日がすぐやから・・・。
[PR]
By うさよん by sn_charisma | 2006-03-24 20:43 | Korea Mar/2006
<< 第3日目~まだまだ韓流な3月25日 Top 第1日目~3月23日~ >>